スポンサードリンク

【堤防整備より景観?】二子玉川の環境と安全を考える会【代表?メンバー?】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は二子玉川の環境と安全を考える会を巡る問題について。

浸水被害は人災?

スポンサードリンク

台風19号の影響で10月12日、多摩川の水位が刻々と上昇、

午後10時10分頃には堤防未整備の区間(約540メートル)から濁流があふれたことが確認されており、

二子玉川駅周辺の広い範囲が浸水しました。

そんな中今回の玉川地区における多摩川の氾濫は「二子玉川の環境と安全を考える会」を中心とした堤防整備への反対が続けられていたことが影響している人災なのでは、という意見が挙がっています。

堤防整備よりも景観

この区間は下流部で唯一堤防が整備されておらず、

同省京浜河川事務所はこれまで、「大雨が降ると多摩川では最初に浸水する」などと周辺住民に説明し堤防整備計画を進めようと説明会なども度々行ってきたものの、

「景観を大切にしてほしい」「家をのぞき見られる恐れがある」といった声が根強く、同意を得られていませんでした。



スポンサードリンク

そんな中、堤防建設反対を進めてきた「二子玉川の環境と安全を考える会」のHPが閉鎖したことが話題となりました。
当初は浸水被害を受けてHPを閉鎖したのでは、という意見も多く見られましたが、
現在は「2015年度のサイト運営サービス『Page ON』のサービス終了に伴い当該サイトが閉鎖した、
つまりは台風被害よりも遥か以前にHPが閉鎖された」という見方が強まっています。

特定も

しかしそれでも「二子玉川の環境と安全を考える会」へのネットユーザーの追及は収まっておらず、

会の代表やメンバーの名前や住所が特定されるまでに至っています。

ネット上の意見

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました