スポンサードリンク

【嘘松とは】明らかな嘘松ツイートを頑張ってフォローしていく

スポンサードリンク

嘘松ツイート

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

皆さんはTwitterで上記のようなツイートをご覧になったことはありますでしょうか。

スポンサードリンク

Twitterで話題になりやすい、またはRT数を稼ぎやすい、いわゆる「バズりやすい」ツイート。

しかしどこか内容が荒唐無稽でかつ文章自体も仰々しく、

誇張しているような言い回しもあり、

当時流行していた「おそ松さん」クラスタが上記のような内容を頻繁に発信していたことから

上記に類似するツイートは「嘘松」と呼ばれネタにされるようになりました。

「パズる」事を狙ってあえて内容を荒唐無稽に盛っているんだ、

と多くのネットユーザーに否定的に見られるようになっていったのです。

本当にあった話だと仮定してフォロー

しかしネットユーザーに「嘘松」と呼ばれるような内容だったとしても、

本当にあった出来事を面白おかしくツイートしている可能性も0%とは言い切れません。

そこで今回は「嘘松」と呼ばれるツイートを「本当にあった出来事」だと仮定して、

片っ端から頑張ってフォローしていきます。はやくも頭が痛くなってきました

 

さて、「嘘松」と呼ばれるツイートは他にも下記のようなものが存在します。

一つずつ見ていきましょう。


スポンサードリンク

嘘松一覧

レジェンド

最初にご紹介した狐十子さんの他のツイート。

たしかに「そんなことで物理教師が泣くか?」

「艦これ(※ゲーム名)に最後に触れたの家だよね?家からずっと泣きながら教室まで来たの?」等やや気になる点はあります。

しかしはじめからこれは「嘘だ」と決めつけてかかるのはいけません。

おそらく「物理の先生が」までは本当にあった出来事なのでしょう。

兄貴

赤いパーカーを着て歩いていたら向こうからやって来た青パーカーの男に『兄貴』と呼ばれたマジヤベエ、というお話。

「見ず知らずの人にそんなこと言う奴居るか」「本当に居たとしたら不審者だろ」など心無い批判を数多く受けたツイートですが、

これもそう目くじらを立てて非難する内容でもありません。

このツイートを発信した三影さんと青パーカーの男が本当に兄弟関係にあり

外で偶然出会った際に「兄貴」と呼ばれ「んっふwww(弟よ、大きくなったな)」と反応した、という可能性も大いにあります。

はい、既にフォローに無理が出てきた気もしますがどんどんいきましょう。

カナヅチ

「となりに痴漢目当てっぽいオッサンが座ってきたからカナヅチ出したらビビって隣の車両行っちゃったよ」というお話。

隣の人間がカナヅチを出したとしてもわざわざ車両を変える人間は居ませんし、

少なくとも隣に座っているだけのオッサンよりもカナヅチを出したえぼりさんのほうが遥かに不審人物です。

……と、思いがちですが!(危うくフォローを忘れかけていました)

これもおそらく本当にあったこと。

オッサンはカナヅチに並々ならぬトラウマがあるのでしょう。

また文末の「話はしたっけ。」がいい味出してます。

「電車でカナヅチ出した話はしたっけ?」と疑問形で簡潔に発信すれば良いところを

「看護学生の頃、帰りの電車〜〜(中略)〜〜いきなり立ち上がって隣の車両に行ってしまった話はしたっけ。」と長々と自己アピールするその姿は圧巻です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました