スポンサードリンク

【名前の由来?】視力回復!iPS細胞とは【人口多能性幹細胞】

スポンサードリンク

iPS細胞

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はiPS細胞について。

iPS細胞とは

スポンサードリンク

そもそもiPS細胞とは、分化万能性と自己複製能を併せ持つ細胞のことです。

分化万能性とはES細胞(胚性幹細胞)のように非常に多くの組織や臓器の細胞に分化できる性質のことであり、

また自己複製能とは、分化万能性を維持しつつほぼ無限に増殖できる能力を表します。

さまざまな細胞にも分化することができるため、理論上は病気や事故で失った組織や臓器を再生することができるようになります。

iPS細胞で出来ること

iPS細胞のように分化万能性を持った細胞は、人体を構成するあらゆる組織や臓器に分化誘導する事ができるため、

拒絶反応を起こさない移植用組織や臓器の作製を可能にします。

また患者自身の細胞からiPS細胞を作り出し、さらにそのiPS細胞を特定の細胞へと分化誘導することで、

これまでの技術では採取する事が困難であった組織の細胞を得る事が出来るようになり、治療法が確立していなかった難病に対してその発症メカニズムを研究出来るようになります。



スポンサードリンク

iPS細胞の由来

2006年、山中伸弥率いる京都大学の研究グループにより初めて作られたiPS細胞。

人工多能性幹細胞英語では「induced pluripotent stem cellと呼ぶのですが、

命名者である山中曰く、「iPodのように普及して欲しい」との願いから最初の文字が小文字になったとされています。

iPS細胞で出来たこと

Twitterでの反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました