【史実ネタバレ対策?】「逃げ上手の若君」第7話の感想:松井先生【小笠原貞宗】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は「逃げ上手の若君」について。
ストーリーの詳細な内容につきましては、ネタバレになり得るため、また著作権違反に該当する可能性もあることから伏せます。

「逃げ上手の若君」を既に読んでいる方には伝わる形で、
また、まだ読んでいないという方にもその魅力が伝わるような記事を心がけます。
みんな買って読もう(ネウロ&松井先生信者)。

vs 小笠原貞宗

はい、まず「五大院だらけの敵軍なら私に任せろ」のくだりは笑いました。
良い顏してますよね五大院、ネウロで言うところのドーピングコンソメスープ的な、
カルト人気が生まれてもおかしくないくらいのゲスさではあると思います。

早々に退場したのが残念ですが、今後も今回のようにイメージ描写として再登場が望めそうですね。

いや、五大院の再登場をそんなに願っている人も私以外にそうは居ないとは思いますが。

そして小笠原貞宗が本格的に登場。
圧倒的視力と弓の腕がずば抜けている、ということなのですが、
斬新なのがこの「敵を師とする」展開。
バトル漫画ではやや退屈になりがちな修行パートをこんな形で行なっていくとは。
しかもこの漫画のキモである「逃げる」「隠れる」というテーマを利用しながら、スリルも演出するという。
この展開は非常に面白いものだと思います。というか感心させられました。
これなら修行パートも退屈ではなく斬新で、むしろスリルを楽しみながら見れてしまう。なるほどなあ。

修行パートをあの手この手で退屈に見せない工夫は色々な漫画でされていると思いますが、

その中でもこのやり方は非常に画期的。

たしかに目標は「弓の腕を盗んで上達していく」という修行にあるのですが、

読者視点からすると「そんなうまく小笠原貞宗に気づかれずにやり通せるのか?」という不安や、

「いや、むしろ完膚なきまでに隠れ通して欲しい」という期待など、

修行だけにとどまらない話の推進力が生まれています。

そしてこれらの不安や期待は、小笠原貞宗が敵として魅力的であればあるほど強烈になっていくもの。

そういう意味では、圧倒的な視力と弓の腕といった描写や、巫女への攻撃というのも、

小笠原貞宗の有能描写・及びヘイトをためる描写としては的確だと感じました。

今後小笠原貞宗が敵として厄介になればなるほど、

物語の面白みもエスカレートしていくはずです。
また諏訪盛高というサブキャラが名前付きでさらっと登場するあたり、

メインキャラ以外に物語に干渉させることで、ちょうどいい塩梅で世界観の広がりを感じさせる流れとなっています。
本当に漫画が上手だなぁと惚れ惚れ。今回は特に最初から最後まで冴え渡っていたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました