【史実ネタバレ対策?】「逃げ上手の若君」第2話の感想:松井先生【五大院宗繁】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
さて今回は「逃げ上手の若君」の第2話!
感想をつらつらと書いていきますよ!

ただ、ストーリーの詳細な内容はネタバレになり得る上、著作権違反に該当する可能性も出てくるため触れることはできませんので伏せます。

スポンサードリンク

「逃げ上手の若君」を既に読んだ方には伝わる形で、まだ読んでいない方にも魅力が伝わるような記事を目指しています。
とにかくみんな買って読もう(ネウロ&松井先生信者)。

第二話

非常に完成度が高く、衝撃も大きかった第一話から、漫画としての構成の方向性が少しずつ見えてきた第二話。
今後、敵が登場した場合は今回のように「〜の鬼 ○○××」みたいな感じで紹介されていくということでしょうか。
シリアスさの中にキャッチーな要素を散りばめられており、
かなり読みやすい話にまとまっていると思います。

特に頼重のあの設定は現代要素を比較的無難に取り入れることができるので便利ですね。
作者の松井先生はネウロについて「推理モノの皮を被った単純娯楽漫画」と自称されていましたが、
今回の作品もある程度リアリティラインを緩めに設定しながら
「締めるところは締める」という運用で行くのかもしれません。

あと前回から思っていたのですが、頼重さんはかなり危ない人なのでしょうか。
いや前回も危なかったのですが、今回、特にはじめのシーンは別の意味で危ない方向に振り切られていたので。
基本的に頼重さんはコメディリリーフとしても機能する、という路線なのでしょう。

そして今回登場した敵は…まあまさしく敵と呼ぶにふさわしい存在だったと思います。
そのうえ敵からも味方からも非難を浴びるという、知名度こそアレですが漫画上の個性としては抜群に映えているんですよね。
「こういう人が実在したんだなぁ」という面白みもあって、
「逃げ上手の若君」の楽しみ方が広がった気がします。

さて今回は前後編のいわば前編にあたるパートだったと思うのですが、
いよいよ次回で本格的なバトル展開が見られるか?
バトル漫画のようなガツガツ戦闘描写、というよりは多少あっさりめに、かなり効率よく描写される作者さんだと思うので、
この辺りが「逃げ上手」でどう発揮されるのか楽しみにしたいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました