スポンサードリンク

【台風19号が匹敵?】狩野川台風・伊勢湾台風とは【被害】

スポンサードリンク

狩野川台風とは

狩野川台風とは1958年(昭和33年)9月27日に神奈川県に上陸し、伊豆半島と関東地方に大きな被害を与えた台風のことです。

1958年9月21日にグアム島近海で発生した台風22号(狩野川台風)は、26日夜に伊豆半島をかすめて首都圏を直撃。

スポンサードリンク

台風の中心気圧は877ヘクトパスカルを記録し、関東から東海にかけて大雨となりました。

また伊豆半島は集中豪雨に襲われ、

狩野川の氾濫で伊豆地方だけで1200人を超える死者を出す大災害となりました。

伊勢湾台風とは

伊勢湾台風とは、1959926日ち潮岬に上陸し、その後紀伊半島から東海地方を中心に甚大な被害を及ぼした台風のことです。

人的被害は和歌山県、奈良県、三重県、愛知県、岐阜県などを中心に犠牲者5,098人、負傷者38921人にのぼり、

昭和の三大台風として数えられています。

またその犠牲者の数は、阪神・淡路大震災が発生するまで、第二次世界大戦後の自然災害で最多のものでした。



スポンサードリンク

「狩野川台風」の再来?

2019年10月11日、台風19号について気象庁は午前11時から記者会見を開き、梶原靖司予報課長が今後の見通しや警戒点を説明しました。

この中で梶原課長は、「台風は非常に強い勢力を保ったまま、あすには東海、または関東地方に上陸する可能性が高まってきた。暴風や高波に加えて関東地方を中心に記録的な大雨となるおそれがある」と述べました。

「あす12日からあさって13日にかけて東日本を中心に西日本から東北の広い範囲で猛烈な風が吹いて海は猛烈なしけとなり、記録的な暴風となるところもある見込みだ。

台風本体の非常に発達した雨雲がかかるため、広い範囲で記録的な大雨となる見込みで、大雨特別警報を発表する可能性がある。伊豆に加えて関東でも土砂災害が多発し、河川の氾濫が相次いだ昭和33年の狩野川台風に匹敵する記録的な大雨となるおそれもある」

と述べ、台風に対し強い危機感を示しました。

さらに「全国的に、暴風、うねりを伴った高波、土砂災害、低い土地や地下施設の浸水、河川の増水や氾濫、高潮や、高潮と重なった高波による浸水や沿岸施設の損壊に、厳重に警戒してほしい。自分の命、大切な人の命を守るため、風や雨が強まる前に、夜間暗くなる前に、市町村の避難勧告などにしたがって、早め早めの避難や安全確保をお願いしたい」と厳重な警戒を呼びかけました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました