スポンサードリンク

【台風】フェーン現象の原理とは【日本海側】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はフェーン現象について。

フェーン現象とは

スポンサードリンク

気流が山の斜面に当たり、風が山を超えた場合に暖かく乾いた下降気流となり付近の気温が暖かくなる現象のことです。

通常 山の斜面を風が上昇する場合空気は冷やされるのですが、

湿った空気の場合は水蒸気が水滴に変わる際に放出される潜熱の影響により、気温が下がりにくくなります。(100mにつき約0.5℃の気温低下)

余り温度が下がらないまま山を越えるにつれ空気は乾燥し、今度は下降に伴い気温が上がっていくのですが、

この際山を昇る時よりも温度の変動幅が大きくなるため、元の気温よりも高くなり付近の気温を暖めるのです。(100mにつき約1℃の気温上昇)

こうしたフェーン現象が起こった場合、冬季であっても25度(いわゆる夏日)を超えることがあります。

日本では晩冬~春、秋~初冬などに発達した低気圧が日本海に進んできた場合に湿った南よりの強い風が吹き、日本海側でフェーン現象が起こることがあります。

またフェーン現象では乾燥した強風が発生することがあり、

火災が起きた場合には消火しにくくまた広がりやすくなるため深刻な被害を招く恐れがあります。

Twitter上の反応



スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました