【原因や症状】金属アレルギーとは【仕組みや症状】

医療・健康知識

金属アレルギー

さて、今回取り上げる金属アレルギーも上記のメカニズムにより発症します。

この金属アレルギーには2種類が存在します。

スポンサードリンク

1つずつ見ていきます。


①アレルギー性接触皮膚炎

金属が直接皮膚に接触する事で生じるものであり、赤く腫れるといった症状が生じます。

アクセサリーを着けていたために首回りが赤く腫れた、なんて経験をされた方も多いのではないでしょうか。

②全身性金属アレルギー

さて2つ目は金属のアレルゲンに感作された人の体内にアレルゲンが入る事で全身にアレルギー反応が生じるものです。

亜鉛やマンガンなどの金属を含む食物(豆類や穀類、海藻類)や、歯科治療に用いられた金属(銀歯など)が口の粘膜や消化管から吸収されることで発症します。


スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました