スポンサードリンク

【原因と対処方法】空間識失調とは【計器】

医療または健康に関する知識
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は空間識失調について。

空間識失調とは?

スポンサードリンク

航空機のパイロット等が飛行中に平衡感覚を失うこと、

つまり機体の傾きや進行方向の状態を把握できないという非常に危険な状態であり、

しばしば事故の原因になっています。

これは我々にも起こり得ることであり、

例えば旅客機に搭乗した際によほど窓の外を注意して確認していない限り、

現在旅客機が空港周囲を旋回しているのか、真っ直ぐに上昇しているのかが判別できなくなることもひとつの「空間識失調」です。

どういった状態で陥るのか?

夜間や濃霧などの地平線を確認できない状況下で空間識失調に陥りやすい、とされています。

また仮に視界が開けていた場合でも雲の形や風等の気象条件、

また地上に存在する物の状態などの視覚的要因、

さらに機体の姿勢やG(重力加速)の変化などの感覚的要因によって陥ることもあります。

またジェット機等では旅客機を大幅に超える運動能力であるが故に明るい昼間でも空と海の区別がつかなくなる、という状態に陥ることも。

空間識失調に陥った場合はどうすべきか

危険な状態である空間識失調ですが、これは程度の差こそあれど多くのパイロットに現れる症状です。

ではもし空間識失調に陥った場合どうするべきなのでしょうか?

空間識失調に陥った場合は「自身の感覚」よりも「航空機器」の表示を信じて操縦することが最善とされます。

空間識失調に陥ったパイロットには「自身の感覚か航空機器のどちらが正しいのか」という葛藤が生じやすく、

また緊張や疲労等による判断力の低下や、

更にはトラブル発生による恐怖心や精神的動揺が生じることになりますが

そういった状況下でも冷静に航空機器を信じることが重要であると言えるでしょう。


史上最強カラー図解 プロが教える脳のすべてがわかる本

というわけで今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました