スポンサードリンク

【億単位の現金所持】犯人は?東京・青梅殺人事件【被害者への「自業自得」等の批判と擁護の意見まとめ】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は青梅殺人事件について。

青梅殺人事件

スポンサードリンク

12月14日未明、東京青梅市成木の住宅で、この家に1人で住む、小川和男さん(67)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡しました。

頭には鈍器のようなもので強く殴られた痕があり、警視庁は殺人事件として捜査しています。

住宅の玄関ドアはガラスの部分が割られていて、小川さんが

「寝ていたら物音がした。泥棒に入られたようだ」

と110番通報した直後に襲われたとみられています。

現金目当て?

小川さんは近所の住民や知り合いに、「億単位の現金を持っている」と話していたことが分かりました。

また亡くなった小川さんと中学校で同級生だったという60代の女性によりますと、

小川さんは4年ほど前に開かれた同窓会に初めて顔を出したことがあるとのことで、

その時の様子について女性は

「小川さんはジュラルミンケースを持ってきて、突然、みんなの前で開くと、お金がびっしりと詰まっていて驚きました。

いろいろなところに持っていって見せているということでした。試しに持たせてもらったら相当重くて、『持って逃げられないね』と話したことを覚えています。

楽しかったのか、また同窓会に来るような話を聞いていたので、事件に巻き込まれ驚いています」と話していました。



スポンサードリンク

大金を見せびらかすのがまずかった?

ネット上では
「やはり大金を見せびらかすのがきっかけになったのでは」

「さすがに億単位の現金を持ち歩くのは、言いふらす割に自衛が足りていない」

といった意見があがっています。

擁護するコメントも

一方で
「大金をもっていることを公言したからといって殺されていいわけがない」
「犯人が悪いのであって、被害者を責める理由はひとつもない」
という反論のコメントもあがっています。

さらなる反論も

そういった意見に対して
「世の中全部が自分の思った通りにいくわけではない」
「被害者が悪い訳では無いものの、大金を持っていることを公言すれば何かしらのトラブルに巻き込まれるのは想像がつく」
などのコメントも出ています。

スポンサードリンク

コメント