【事故対策】飛行機におけるバードストライクとは【発生件数】

ニュース

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はバードストライクについて。

バードストライクとは

スポンサードリンク

バードストライクとは、鳥が人工構造物に衝突する事故のことです。

一般的には航空機と鳥が衝突する事例を指す場合が多く、

高速移動中の人工構造物への衝突の場合は小鳥程度の大きさであっても、衝撃が非常に大きくなるケースがみられます。

バードストライクの発生件数と発生箇所

バードストライクは日本では年間1434件発生しています。(2018年)

国土交通省の資料によると、7月から11月にかけてが多く、10月がピークと見られています。

またバードストライクのおよそ半分は、滑走中など地上にいるときに発生しており、

これは鳥が滑走路に、虫などの餌を探して飛んでくるためです。

発生個所は多い順に機首、翼、エンジンです。

バードストライクが起きても大丈夫?

さて年間1434件もバードストライクが発生していて大丈夫なのか、と思われる方もおられるでしょうが、

現在の飛行機は、バードストライクに遭遇した場合でもある程度までは影響がないよう設計されています。

エンジン部分は、バードストライクにより飛行できなくなる可能性もある部分のため、

設計段階でニワトリなどの鳥を実際にエンジンへ打ち込む耐久テストを行ったり、

発生箇所でもっとも多い機首の先端部分には、補強などの工夫がされているとされています。

そのため2018年のバードストライク発生件数1434件のうち、引き返しや離陸の停止は24件(約1.6%)に留まっており、

ほとんどの場合、そのまま到着地へ無事にたどりついています。

「バードストライク」を起こさないために

一方で、バードストライクによるエンジンの損傷や事故機が空港へ引き返すことで発生した損失は国内だけで年間数億円とされています。

事故予防のために各航空会社や空港がさまざまな対策を講じているものの、

(例:エンジンに目玉のマークを書く、空港周辺にハヤブサを放ち他の鳥を近寄らせない)

それらは効果がなく、

「バードストライクを起こさない」有効策は未だ見つかっていません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました