【メタノール中毒】「エタノール」と「メタノール」の違いについて【アルコール】

ニュース

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「エタノール」と「メタノール」の違いについて。

エタノールとは

スポンサードリンク

アルコールの一種でありエチルアルコールとも呼ばれます。

デンプンや糖を発酵させる等して作られるのが特徴であり、お酒の中に含まれているのはこちらです。

一般的に「アルコール」と呼ぶ際はエタノール(エチルアルコール)を指す場合が多く、

これを摂取した場合は体内の酵素を受けてアセトアルデヒド(※二日酔いの原因物質)、そして酢酸(※お酢に含まれる成分)へと変化します。

メタノールとは

さて一方でメタノールもアルコールの一種です。

木材から精製される等して作られるのが特徴ですが、

メタノールはアルコールの中でも最も引火点が低く、保管場所や使用場所では火気に注意を払わなければなりません。

またエタノールとの人体への影響が最大の特徴。

エタノールと異なりメタノールは飲用毒性が確認されており、仮に飲んだ場合はメタノール中毒を起こします。

エタノールを摂取した場合はアセトアルデヒド(※二日酔いの原因物質)、そして酢酸(※お酢に含まれる成分)へと変化する、と上述しましたが、

メタノールを摂取した場合は酵素によりホルムアルデヒド(※急性毒性を持つ)、そして蟻酸(※皮膚や眼への有害性を持つ)へと変化。

この蟻酸がメタノール中毒の原因物質となり、

網膜の損傷(による失明)を引き起こし、最悪のケースでは死に至ることもある、というわけですね。

したがって絶対に飲んではいけません。



スポンサードリンク

ネット上の反応

https://twitter.com/_mino_mama/status/1233729662838198272?s=21

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました