【マスクのネット転売禁止へ】国民生活安定「緊急措置法の26条」とは?利益1円でも懲役もしくは罰金【転売ヤー/イタリア医療崩壊/マスク250万枚】

ニュース

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「緊急措置法」について。

国民生活安定緊急措置法とは

スポンサードリンク

緊急措置法とは、国民の生活や国民経済の安定を確保することを目的として、高騰した物価等の異常な経済状況を調整する緊急措置を定めることができる法律です。

さて、ではなぜ今この法律の適用が検討されるようになったのでしょうか。

2020年、コロナウイルスの影響でマスクなど一部の商品が高騰。

買い占めと高額での転売が頻発、しかしそれらを正式に法で取り締まることもできず、
国民経済が不安定になっていきました。

こうした背景もあり政府は来週中にもこの法律の適用を検討。

ちなみにマスク転売に対しては緊急措置法の26条の適用(※以下)が検討されています。

緊急措置法の26条

第二十六条とは

物価が著しく高騰し又は高騰するおそれがある場合において、生活関連物資等の供給が著しく不足し、かつ、その需給の均衡を回復することが相当の期間極めて困難であることにより、

国民生活の安定又は国民経済の円滑な運営に重大な支障が生じ又は生ずるおそれがあると認められるときは、別に法律の定めがある場合を除き、

当該生活関連物資等を政令で指定し、政令で、当該生活関連物資等の割当て若しくは配給又は当該生活関連物資等の使用若しくは譲渡若しくは譲受の制限若しくは禁止に関し必要な事項を定めることができる。

【引用元:イーガブ】

これによりマスク等の転売を行なった者には、懲役5年以下または300万円以下の罰金が科せられます。

つまり今後マスクの転売行為は正式に「罰せられる行為」となりました。

こうした法律の適用をめぐって、ネット上では「転売ヤー(転売屋)終わったな」「これが本来あるべき経済」との声が多くあがっています。



スポンサードリンク

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました