スポンサードリンク

【#ポケモン盾剣 #ポケモン剣盾】第8回「遺跡クラッシャーのビートくんが転職、アラベスクタウンでポプラさんと対戦」感想【ストーリープレイ】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はポケモンについて。

遺跡

スポンサードリンク

前回、ラテラルジムリーダーのサイトウを撃破した雨崎さんご一行。

ジムを出たところでソニアと合流しますが、その瞬間遺跡の方から凄まじい轟音が。

こういう「日常の最中、明らかに普通ではない音が聞こえてくる」展開は個人的に大好物です。

ダイヤモンドパールでミオの図書館にいるときに湖を爆破した音だけが聞こえてきた時みたいな。

いや何オタクだよ

向かった先ではなんとビートくんがポケモンを使って遺跡を破壊しているところでした。

いやビートくん!?

これもオリーヴの差し金ということなのかもしれませんがいくらなんでも行動がパンク過ぎるでしょう。

破壊するにしてももう少しクールにコトを進めるのかと思ってましたが、

ねがいぼし手に入れたいな、よし遺跡掘ったろ!w

という思考回路だったということですよね。

ビートくんのポンコツ化がいよいよ進行してきた気がします。

そこに現れたのはビートくんを推薦していたはずのローズ。

しかしローズにとってもこの行動は看過できるものではなかったようで、

ビートくんはジムチャレンジへの参加権が事実上失われてしまうことになりました。

いや、あの遺跡破壊はローズやオリーヴの指示でもなかったのか

となるとビートくんの遺跡クラッシュは文化財保護法辺りにガッツリ抵触している気もしますが、

まあ重さ20kgのイシツブテを子供達が遊びで投げ合うような世界ですから、

余程の重大な傷害事件などでもない限り警察は動かないのでしょう。

しかしビートくんがヒビを入れた遺跡の壁が崩壊、中から本物のオブジェクトが姿を現します。

これには驚くソニアちゃん。

誰かがこのオブジェクトを隠蔽する目的で、偽りの遺跡を作ったということになりますね。

面白くなってきました。

アラベスクタウン

さてそんなこんなで次の町、アラベスクタウンに到着。

ここは巨大な樹の中に造られた町ということで、

光るキノコの存在もあり中々幻想的な風景を見せてくれます。

ジム戦の前にマリィちゃんと遭遇。

「ライバルとして覚えておくよ」と私のことを記憶してもらえた様子。

こんな全身真っ白の不審人物のことをライバルと認識してくれるマリィちゃんの懐の深さにはほとほと感心させられます。

現実世界なら通報案件ですよ。

さてアラベスクタウンのジムは次のジムリーダーの選考を兼ねたクイズバトルでした。

戦いの中クイズが出題され、正解すれば能力が上がり不正解であれば能力が下がる、というもの。

ポケモンバトルをしに来たはずがまさかクイズ大会に参加することになるとは

まったく思いもよりませんでしたが、

ここは次のジムリーダーを目指して頑張りたいと思います。

はい、こういったパーソナルな問題が続きます。

ちなみに私はそこそこ外しました

しかしどうにかポプラさんを撃破。

クイズが解けなくてもバトルに勝てば良い、

少年漫画に出てくる脳筋キャラのような攻略の仕方でしたが、

これでジムバッジは5つ。

次の街へ進む為、一旦ナックルシティに戻ります。

スポンサードリンク

コメント