スポンサードリンク

【ポケモン】金銀 ・ HGSSの思い出を挙げていく【 #HGSS10周年 】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はポケモンHGSSについて。

HGSS発売から10年

スポンサードリンク

はい、もうこれ本当に時の流れを感じました。

HGSSから10年経つということはリメイク前の金銀発売から20年経つということですよね。

現在24歳の私はゲームボーイカラーで金銀を、任天堂DSでHGSSをプレイしていた世代なので懐かしいやら寂しいやら。

はい、というわけで今回はHGSSの思い出を挙げていきます。

各キャラクター

金銀、そしてHGSSの物語を盛り上げたキャラクターの1人、ライバル。
その綺麗なBGMも印象的ですが(HGSSでは個人的にカントージムリーダーとライバルのBGMがお気に入りです)
実はこのライバルにはデフォルトネームが無いんですよね。
ポケモンマスターズへの参戦も決まっていますが、果たしてこのライバルが何と呼ばれることになるのか、注目です。

はい、そのデザインの良さもHGSSの素晴らしい点の一つ。
さらにここも肝心なのですが、対戦開始時にトレーナーが動くんです。
確かプラチナ、HGSS、BW2のみこのようにトレーナーが独自のモーションをするのですが、
ポケモンだけでなくトレーナーに愛着を抱くきっかけにもなりました。
イツキさんは怪しいけどカッコいい。

カスミさんに関しては「誰だ…」と思いながら対戦していました。
いやアニメの印象が強かったので、キャラクターがどのようにイメチェンしてようが良いのですが、
それでも「誰だ…」と思いながら対戦していました。



スポンサードリンク

ヤナギさんはリメイク前の金銀では近所のお年寄りみたいな格好してて寒そうで心配してたのですが、
リメイク後にしっかり厚着してて安心しました。
HGSSでの戦闘開始時、風に吹かれるモーションも素敵です。

みんなのトラウマ、アカネちゃん。

金銀時代は何度ミルタンクの転がるに目の前を真っ暗にさせられたか…

シロガネ山のレッドも思い出の一つ。
金銀時代はその圧倒的な強さと存在感ゆえに不気味な印象さえ抱いていたことを思い出します。

戦闘突入時のカットインも本当に素晴らしい。
キャラクターがクローズアップされている感がたまりません。



スポンサードリンク

ジムのギミック

それぞれのジムも印象的。
特に金銀からHGSSにリメイクされ、ギミックが進化したジムも数多く生まれました。
個人的にグリーンさんのトキワジムがあのサイケな色合いも含めてお気に入りです。

ガンテツボール

さてここも思い出の一つ、ガンテツボール!
私が特にガンテツボールを利用していたのは金銀。
あの頃は「ボールを作ることができるなんて」と衝撃を受けながら、そしてワクワクしながら作ってもらっていたことを思い出します。
いまや非常に多くなったボールの種類ですが、この頃はまだまだ少なかったのです。

連れ歩きシステム

連れ歩きシステムも懐かしい…
プレイしていた当時の私は戦闘第一、それ以外は二の次、な戦闘狂だったためその価値がわかっていませんでしたが、
連れ歩きが無くなってからその重要性を再認識しました。
まあポケモンが増えたため1匹1匹連れ歩きさせるのも制作サイドの都合で難しくなったのかもしれませんが、
もう一度で良いからお気に入りのポケモンを連れ歩いてみたいものです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました