スポンサードリンク

【神戸・教員暴行】小学校の同僚教諭によるいじめについてまとめ【加害4教員謝罪の言葉と給食のカレー】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「いじめ」について。

教員間で

スポンサードリンク

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのいじめ行為を昨年から継続的に受けていたことが、

2019年10月3日判明しました。

加害側の教員たちは男性教員を羽交い締めにして激辛カレーを目にこすりつけたり、男性教員の車を傷つけたり、LINEで第三者にわいせつな文言を無理やり送らせる、暴言を浴びせるなどしていたといいます。

また加害側の教諭が児童らの前でいじめの様子について、「激辛カレーを食べているところを見るのが面白かった」などと話していたことがわかりました。

さらには加害側の女性教諭が「反抗しまくって(被害教員の)クラスをつぶしたれ」と指示したり、「誰やねんそんなヤツ知らんで」などと無視するよう呼びかけていたことが判明しました。

また、30代男性のA教師が後輩教師の男女に対し、「お前ら、今日やらんかったら知らんぞ」などと脅迫の上、性行為を強要しその証拠画像を撮影して送るよう指示していたことが発覚。

「(証拠画像は)汚いからオレの携帯には送ってくんなよ」と命じた上、動画が報道されている「激辛カレー強要事件」の被害者の携帯に、その画像を送らせたことも判明しています。

一連の暴行・暴言を受け男性教員は精神的に不安定になり、今年9月から休暇による療養を余儀なくされています。

また男性教員が担任していたクラスには臨時講師が配置されています。

一連の行為について同校の管理職は今年6月ごろ、別の複数の教員からの相談をきっかけに把握し、加害側の教員を指導。

市教育委員会には、7月に「人間関係のトラブル」などと報告したとされています。

9月になって市教委は、男性教員の家族から男性教員の状態について連絡を受け、事実関係の調査を開始。被害の内容や時期、回数など詳細を確認した上で処分を検討する模様です。

加害側の4人は10月に入って休んでおり、市教委は速やかに人事異動などで人員を補充する方針。

男性教員側は、処分内容や職場の改善状況を踏まえ、刑事告訴について検討する、としています。

また、保護者への説明会では動画にショックを受けた児童への対応として給食のカレーを一時、中止することや動画が撮影された家庭科室を改修することが発表されたほか、加害教師4人の謝罪コメントが読み上げられました。

謝罪全文

※はい、謝罪文にまで突っ込もう、というつもりは当初ありませんでしたが(それをしたところで被害者にとってプラスにならないので)、

40代女性教員の謝罪文ははじめに見た時思わず「怪文書か」と感じてしまったためここで指摘させていただきます。

というか「どうなっているのかと、ずっと思っています」ってどういう意味なのでしょうか。ここに関しては脳が理解を阻みます。

どうなっているのかと、ずっと思っているのは謝罪文を読んでいるこちらの方、と言いたいところ。



スポンサードリンク

今回の件について

はい、再三再四言われていることではありますが、いじめという言葉に惑わされてしまいがちではあるものの今回の件も他のいじめ同様にただの暴行です。

近年では教育的な意義をもって行う体罰ですらそのあり方が見直される中で、

今回のケースは加害者側にとって弁明の余地すらないでしょう。

特に今回のケースは分別のつかない精神的に未熟な児童によるいじめという訳ではなく、

どんなに自分にとって気に入らない相手がいたとしても暴言や暴行を浴びせかけて良い理由にはならない、

ということは十分に理解しているはず(というか理解しておかなければならない)ですが、

いじめ問題には特に敏感であるべき教育機関でこのような問題が起きたのは残念でなりません。

教育者がいじめをはたらく児童と同じレベルの精神性では、子を預ける親の立場を考えてもとてもではありませんが信頼の置ける学校とは言い難いところでしょう。

被害者男性が心穏やかに過ごせる日が一日も早く訪れるよう願っております。



スポンサードリンク

ネット上の反応

今回の件についてさまざまなネット上の意見が出ています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました