【ネタバレ配慮】17話→18話「逃げ上手の若君」感想【吹雪】

感想
※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は逃げ若について。
著作権やネタバレに配慮し、ストーリーの詳細な点については触れません。
ご了承ください。

万が一、権利上気になるところがある、と権利者様からのご指摘がありましたら速やかに誠意を持って対応をさせていただきます。権利者様、出版社様は大変お手数ですが「ページ下部のコメント欄」や「ページ上部のお問い合わせフォーム」からご連絡ください。
せっかく面白い作品ですから、みんなも“買って”読みましょう(重要)

吹雪

今回のメインは吹雪というキャラ。
しかしそのために狐次郎と亜也子がかませ犬にならないのは良い点。
前回からちゃんと狐次郎と亜也子の実力者描写がされてるため、
キャラの格や鮮度で展開が見えてしまう、という事態にギリギリ入らないように工夫されていると思います。
あと亜也子ちゃん可愛過ぎない?私も頑張れ頑張れ言われたい。

吹雪に関してですが、個の実力だけでなく子供たちを導く手腕も目立つところ。
ただ頼重が未来を見通せない時期と被って登場していることや、
心理描写が見えない点、
また時行にとってあまりにも都合のいい思想を持っている点などから、
「これ敵側のスパイ的な存在では?」という疑念は生まれます。
いやまあ、なんやかんやあって時行の仲間になるのでしょうが、
一度は敵対しそうな雰囲気がしないでもない。

最後に登場した征義党は一応やべえ奴ら描写がされているものの、
吹雪たちに殲滅されてる一味ということもあってそこまで危機感は抱かないですね。
問題はやはり吹雪。
現時点でそこまでクセがないので、今後一度は敵対する展開がきそうな所。
次回以降を楽しみにしたいと思います。
ではまた次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました