スポンサードリンク

【ネタバレ注意】970話→971話「おでんとカイドウ」感想【ワンピース】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワンピースについて。

スポンサードリンク

さて前回の続き、カイドウの元へと戦いを挑まんとするおでんと赤鞘。

これを受けて康イエたち大名も加勢をすべく急いでいる様子が描かれます。

いよいよおでんとカイドウ軍の決戦の火蓋が切って落とされましたが、

ここにきてカイドウの計画が判明。

5年前カイドウは、

ヒョウ五郎のおでんが手を組み、さらにワノ国の侍がそこに加勢されると、流石に形勢が悪い、と判断していました。

故に裸踊りを通じて時間を稼ぎつつ、彼らの士気を落とし込んでいた様子。

多少身体にダメージを与えた程度ではおでん達侍の反撃の芽は潰えないため、

そういう意味では精神的な攻撃に乗じた時間稼ぎはある程度有効に働いたのではないでしょうか。

にしてもドフラミンゴ然りクロコダイル然り、ワンピースの国捕り海賊達は単純な武力による征服はしませんね…

この辺りは巧妙に計画を進めていく印象です。

カイドウ軍1000名に対し、10名という少人数での戦いを挑むこととなったおでん達。

個々の能力の高さで雑兵を蹴散らしていきますが、

やはり最高幹部であるキング達には苦戦を強いられます。



スポンサードリンク

さてそんな中おでんは、ついにカイドウを倒すか、というところまで追い詰めてみせます。

さすがにロジャー海賊団での航海における経験値もあわさってか、

戦闘力はずば抜けていますね。

その圧倒的な攻撃力によりカイドウに白目をむかせます。

これにはカイドウ側の兵士たちも驚き、

「もう二度とワノ国に来るな」と叫ぶおでん。

しかしそこにカイドウの部下がモモの助を人質として現れます。

これには流石のおでんも隙を見せてしまい、

その瞬間にカイドウによる攻撃を受けることに。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました