スポンサードリンク

【ネタバレ注意】969話→970話「おでんとオロチ、ゲッコーモリアとカイドウ!バリバリの実&マネマネの実、黒炭せみ丸と黒炭ひぐらし」感想【ワンピース】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワンピースについて。

スポンサードリンク

前回の続き、ついにオロチに斬りかかろうとするおでん。

しかしオロチのそばにいた黒炭せみ丸が「バリバリの実」の能力を行使し攻撃を完全に防いでしまいます。

マネマネの実を使ってオロチの地位を引きあげたババアこと、黒炭ひぐらしといい黒炭せみ丸といい、

厄介な補助能力を多く持つ一族ですね。

マネマネの実とバリバリの実の先代がここで明かされるのも驚きですが…

バリアにより攻撃が届かないことを理解したおでんは、今度は「俺が帰ってきた以上は将軍の座を渡せ」と声を張ります。

しかしそれをひぐらしが拒否。

また、おでんを応援すべく駆けつけた町民に向かって毒矢が放たれるなど、

非常にものものしい空気に包まれていきます。

さて時が経ち、なぜか町内で笑いながら裸踊りを始めるおでん。

来る日も来る日も裸踊りを続け、

さらにオロチから少ないお金を貰う様子を見た町民たちは、

当初オロチ達を追い出してくれるかと思いきや突如奇怪な行動に出るおでんに対し、次第に愛想を尽かしていきます。

おでんの部下たちも何か真意があると思いおでんに尋ねるも、「仕事をしているだけ」と煮えきらない返事が返ってくるのみ。



スポンサードリンク

しかしこれはオロチから「5年間裸踊りをし続ければワノ国人間を解放してやる」「だが約束を破れば民衆に一人一人毒矢をぶつける」と指示を受けていたからなのでした。

プライドや他者からの評価を捨て、ワノ国人間を救うべく毎日裸踊りを続けたおでん。

報われない孤独な戦いを強いられているようなもので、私だったら途中で心がポッキリ折れるところです。

一方のオロチはこれぞ狡猾な小悪党、といったキャラが仕上がっていますね。

スパンダムを彷彿とさせる小物っぷりですが、個人的にはそれほど嫌いではありません。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました