スポンサードリンク

【ネタバレ注意】959話→960話「オロチの謀略」感想【ONE PIECE】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワンピースについて。

スポンサードリンク

前回の続き、決戦の二日前から物語は始まります。

約4千200人の戦力が集まったと報告を受けた錦えもんは、彼らと「約束の港」で会うことを取り決めました。

一方九里の伊達港では、5千人もの軍勢が乗れる船を仕上げ、それを約束の時間までに港まで回すようにとフランキーが指示していました。

フランキーとウソップは決戦に向かう仲間たちに、

「自分達は編笠村の仲間たちと合流し、当日はサニー号で出港する」旨を伝えます。

さて場面は変わり、ワノ国中の村々には鈴後のお蝶たちから刀が届けられていました。

兎丼にも武器が届けられ、いよいよ態勢が整い始めています。

兎丼にある輸出予定だった大量の武器も集めるヒョウ五郎。

さて状況が整い始める中、ついに討ち入りについての具体的な話が行われ始めます。

まず出発の時間については、

オロチたちは火祭りの日の朝に都から刃武港へ移動し出港する上、

都では火祭りが始まる為討ち入りする人間が構われにくいと判断、

討ち入りの時間は火祭り開始のタイミングにあわせ結構することに。

一方で約束の時間である夕刻を表す「酉二つ」の連絡があることから、

都に何人か役人が残るだろうことも想定されることも確認します。

さてそんな中編笠村にいる天狗山飛鉄は、ルフィやチョッパー、そしてブルックに自身の持つ鎧兜や刀を渡していました。

これには大興奮の3人、カイドウを倒す気満々で盛り上がっています。



スポンサードリンク

一方でサンジとゾロは「動きが鈍くなる」という理由から着ない選択をします。

その中でサンジが懸賞金のことでゾロをからかうと、「閻魔」を振り回しまたしても崖を切り落としてしまうゾロ。

この辺りは各キャラクターの色が出ますね。

そんな中、ミンク族を戦力として数える以上決行当日の天候が気になりはじめる一同。

当日は満月の予定ではあるものの、雲に隠れてしまっては意味を為しません。

せっかくのミンク族の力ですから、最大限生かすべく雲は消えていて欲しいものです。

あの力(月の獅子)は「時の運」である、と言い切るワンダ。

例えばナミが天候操作をできれば安定するのですが、

流石にそこまでのコントロール範囲は無いか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました