スポンサードリンク

【ネタバレ注意】957話→958話「四皇シャンクス、ビッグマム、カイドウ、ゴールドロジャー、白ひげの懸賞金判明&ロックス海賊団の全貌」感想【ONE PIECE】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

ここで海兵たちにはひとつ気になることが。

これほどにも錚々たる面子が揃っでいた「ゴッドバレー」という地名を誰一人知らなかった、ということ。

スポンサードリンク

しかしセンゴクいわくゴッドバレーは、現在地図に記されておらず実際にも跡形もなく消えた島であり、

更に世界政府によって隠蔽され、歴史からも消されてしまった、というのです。

そしてロックスの野望である「世界の王」はこの世界の禁忌に多く触れるため、ロックス海賊団に関する様々な事が歴史から消されたのでした。

センゴクはロックスのことを

”ロジャーの最初にして最強の敵”だと称していますが、それ以外にも、ロックスにはある話が。

ロックスの本名は「ロックス・D・ジーベック」という、ルフィ達と同じDの名を継ぐ者だったのです。

さてここで主要海賊の懸賞金を今一度確認することに。

まずは、マーシャル・D・ティーチ。

彼の懸賞金は22億4760万ベリー。相変わらず破格の値ですね。

四皇クラスと呼ばれるには20億を超えることが条件でしょうか。

次に出されたのは赤髪のシャンクス。

6年前に四皇入りしたばかりであり4人の中で最も若いという事実が明かされます。

シャンクスの懸賞金は40億4890万ベリー。

これまでその実力が謎に包まれてきたシャンクスでしたが、ここにきて具体的な数字が示されましたね。

続いてはビッグマムことシャーロットリンリン。

彼女の懸賞金は43億8800万ベリー。

これまた高いですね…黒ひげは四皇の中では脅威としてはまだまだであると認識されていることがわかります(20億を超えているだけでも相当ですが。)

そして最後は百獣のカイドウ。

彼の懸賞金は、46億1110万ベリー。

現在認知されている海賊の中でもおそらく最高額となるでしょうか、以上が主要な海賊達の懸賞金額となります。

これほど強大な相手に対し王下七武海という戦力を失い、海兵が戦うことになった今回の決定。

さらにここでエドワード・ニューゲートとゴールド・ロジャーの懸賞金が明かされます。

なんと白ひげが50億4600万ベリー、ロジャーが55億6480万ベリー。

50億というのが歴代海賊の中でも伝説、つまりは最高クラスであるということになりますね。

こうしてみるとルフィはまだまだひよっこのように見えてしまうので驚きです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました