スポンサードリンク

【ネタバレ注意】951話→952話「キングの種族、カイドウvsビッグマム」感想【ONE PIECE】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はONE PIECEについて。

指名手配

スポンサードリンク

ワノ国・花の都ではオロチの福ロクジュに対する怒鳴り声が。

「取り逃がしただとォ!!? お前達がいたのにか!!!」

しかしそれに怯まない様子で福ロクジュは

「トラファルガーを捕まえた」

「トラファルガーという男は…… ”麦わら”と並ぶ『主犯格』!!

これで侵入者共の頭2つ取った事に

海賊の世界は裏切りが”華”!!

拷問の末 いか様にも使えましょう」

福ロクジュの報告に納得したのか、一転して「くるしうない」と言うオロチ。

さらに福ロクジュは「現在は花の都中を警戒し、

見廻組や忍者たちを各地に配備している」

「侵入者を全員捕らえるまで オロチ様の首は一切狙わせません!!」

と言い切ります。

事実、都中には人相書(指名手配書のようなもの)が貼りだされ始めていました。

更には「”彼ら”を逃げさせたり匿ったりすれば共犯だとみなす」と但し書きも。

その頃サンジとしのぶは慌ただしくなる都をとある屋敷の屋根から見下ろしていました。

こうした動きを受けて「しばらく都には近づけない」と呟くサンジ。

付け加えるようにしのぶは「ワノ国中に今回の事件が知られているため、行けなくなるのはきっと都だけではない」と言います。

ワノ国という狭いコミュニティで人相書きが出回るのは致命的ですね…

果たしてこの包囲網をどう突破するのか。

と同時に、「”月の印”のある侍を集めるという目的は、牢座敷の中にではあるが達成された」と続けるしのぶ。

しかし依然として険しい表情のサンジ。

康イエの散り際の言葉により現時点では「無実」とされている牢座敷に収容された侍達ではありますが、

あの牢座敷はかなり広くおそらく1,000人は収容されており、それを全て開放するかどうかは疑わしい、と感じていたからです。

現に牢座敷の見張り番となる男達は口々に話し合います。

「こいつらを解放すればワノ国全体に”将軍オロチの勘違い”を伝えることになる」

「そんなこと考えられない」

そうした懸念事項を考慮し、「ようやく見つけた味方、牢座敷の中の彼らの力が決戦に必要不可欠」「解放する方法を見つけなければ」と問題の解決に向けて動く姿勢を見せます。

決戦に向けて

そんな中、サンジはある人だかりに気づきます。

「何をやっているのか」としのぶに聞くと、

火祭りに向けて”空に飛ばす船”を作っているとの返事が。

「康イエと小紫の2人が亡くなった後にお祭り気分になる者などいないだろう」とサンジは言いますが、

しのぶは

「火祭りは元々死者を偲ぶものであり、今回のようなことがあればより盛大に行われるだろう」と返します。

それを受けて「そんなもんか」とサンジ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました