スポンサードリンク

【ネタバレ注意】937話→938話「牛鬼丸と人斬り鎌ぞう」感想【ONE PIECE】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はONE PIECEについて。

おしるこ

スポンサードリンク

ビッグマムとお玉が仲良くおしるこについて話している場面。

2人ともおしるこの甘さや触感にすっかり虜になっている様子。

ルフィ一派と仲を深めているビッグマムですが、今後ビッグマム海賊団と接触した際のリアクションが気になるところです。

一方でチョッパーは不安で仕方ありません。

ビッグマムをおしるこで釣っている以上、目的地におしるこが無いことがバレた場合、また何かの拍子で記憶が戻った場合のことを危惧しているようです。

それらを1人で抱え込んでいるチョッパーの心労は尋常ではありませんね。お察しします。

さて兎丼採掘場では大相撲インフェルノが絶賛続行中。

まあ当然ではありますがルフィが次々と敵を退けていきます。

今のルフィは四皇に次ぐレベルの強さを備えていますからね、手錠の縛りもないとなると敵なしでしょう。

さらにその中で覇気をより操れるよう修行も兼ねて戦闘をしている様子。

かつてレイリーとの修行の際、自らの手を触れずに覇気でゾウを吹き飛ばしていたことを思い出すルフィ。

レイリーとの覇気のレベルの差を自覚し、レイリーが使っていた覇気を自分も使えるようになりたいと考えます。

さらなる高みを目指す上で、ゴムゴムの実や基礎戦闘力だけでなく覇気の訓練も重要なのでしょう。

さて順調に大相撲インフェルノを攻略していくルフィを見ながら楽しそうな様子のクイーン。

1度破れたダイフゴーが「俺に任せてください」とリベンジの機会を得ようとしますが…

「それじゃつまらないだろうが」とクイーンは一蹴。

「戦いにかける時間の長さ」と「戦士の多さ」に重きをおくクイーンにとって、ダイフゴーのリベンジは特別に優先させるものではなかったようです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました