スポンサードリンク

【ネタバレ注意】57話→58話「吉田ヒロフミ」感想【チェンソーマン】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はチェンソーマンについて。

スポンサードリンク

さて何かとヤバい奴らに身柄を狙われはじめたデンジ。

そんなデンジやアキたちは、街でコベニと暴力の魔人、そして「仲間の仇を討つ」と話す黒瀬の3人と合流します。

さてコベニの車に興味を抱いたパワーは、「これは自分のものだ」と運転席に乗り込みます。

相変わらずパワーちゃんはパワーちゃんで安心します。

チェンソーマンの癒しはこの子が8割くらい担ってるので。

最終盤まで退場して欲しくないですが、果たして。

さて黒瀬はこれからデンジを守る力になる、と握手をした瞬間後ろからコベニの車(パワーの運転)に跳ねられるデンジと黒瀬。

はい、パワーちゃんに退場して欲しくないと言いましたがパワーちゃんは退場させる側でしたね。

もはや普通の交通事故じゃないですか。

パワーちゃんってばおちゃめ。

さて車に跳ねられたため血を吐くデンジと動けない黒瀬。

パワーは事故の責任を「この車はコベニのもの」とコベニに押し付けつつ車から外へ出ます。

さすがにこの事態には汗が吹き出るアキですが、ここで黒瀬の顔が変わったことに気づきます。

この変化を受けて、玉置は「こいつは黒瀬ではなくデビルハンター」と判断。

パワーちゃんのドジ(というか事故)が功を奏した形で、味方に化けたデビルハンターを炙り出すことに成功したのでした。



スポンサードリンク

さすがパワーちゃん!デンジを狙うデビルハンターをまさか交通事故で撃退するとは思いませんでした。

これは三兄弟の内の1人、残る2人をどうにか倒さなければなりませんが、

このような激しい形で正体が暴かれた以上、残る2人も内心穏やかではないでしょう。

さて一方で一般人になりすましていたアルドとジョーイ。

路地裏に入るなり激しく嘔吐します。

チェンソーマンは他の漫画と比べても嘔吐シーンが多く、嘔吐フェチの方にはたまらない漫画になりつつありますね。

そんなフェチの方がどれだけいるのかは知りませんが。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました