スポンサードリンク

【ネタバレ注意】54話→55話「クァンシ、トーリカ、サンタクロース…世界中から命を狙われるデンジ」感想【チェンソーマン】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はチェンソーマンについて。

スポンサードリンク

デンジの情報が出回ったがばかりに、アメリカの兄弟を始め他国から様々な刺客が日本にやってくることに。

ロシアでは師匠と呼ばれる女性が命を奪う事にためらいがないか、トーリカという男性に対して確認をしていました。

トーリカは「この仕事が終われば師匠はデビルハンターをやめられる」「師匠はあと半年の命、余生は平穏に過ごしてほしい」

と師匠のことを気にしています。

場面は変わり、中国では4体の女魔人にベッドの上で囲まれている「クァンシ」と呼ばれる眼帯の金髪女性が居ました。

そこに軍人が現れ、

「仕事だ、日本に行ってこの『のこぎり男』を捕まえてこい、今までで一番危険な仕事だ」

と依頼内容を告げます。

レゼとの一件を受け、もはや世界中から狙われる身となったデンジ。

彼はただ意中の女の子と付き合いたかっただけなのですが…無念です。

さて場面は変わり、日本では既に海外の情報をマキマが掴んでいました。

クァンシについては岸部が

「近づきたくはない」「全人類集まって素手で殴り合う競技があったらクァンシが一位、とにかくヤバイ女」

とのこと。



スポンサードリンク

一方のマキマはドイツの『サンタクロース』を警戒していました。

銃の悪魔だけでなく世界中の刺客たちに狙われるということもあり、

日本サイドとしても警戒をさらに強めていく必要がありますね…

場面は変わりアキの家で寝ているデンジは

「なんでこんなに自分は狙われるんだ」と納得のいかない様子。

「なんで俺の心臓欲しがる…ポチタは何者…なんでマキマさんと旅行行けねえんだ…」

とクエスチョンだらけのデンジですが、

アキは

「一生狙われる訳じゃねえ」

「今回来るの全員捌けば旅行に行ける。中止とは言ってない、延期なんだ」

と励まします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました