スポンサードリンク

【ネタバレ注意】53話→54話「デンジ&マキマ、不死身の3人組」感想【チェンソーマン】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はチェンソーマンについて。

スポンサードリンク

真実を知らないままレゼと離別する事態に陥ったデンジ。

眠りにつくと夢見るのはいつもと同じ扉を前に「開けちゃダメだ」という言葉。

目覚めたデンジは「糞みたいな夢」と呟きます。

このいつもの夢が何に絡んでくるのかも気になるところですね。

アキやパワーと共に朝食を取るデンジ。

しかしそこでコーヒーを見てレゼの存在を思い出してしまいます。

これを受けて「俺の心がレゼに奪われた」と解釈。

しかしマキマから「江ノ島に行かないか」と誘われると、センチに陥っていたメンタルはどこへやら、ハイテンションになるのでした。

今回のマキマとの旅行は生きてて良かった事ランキングベスト10には入るようで…

そんな時、突如オフィスに大量の職員が入ってきます。

テレビを付けるとデンジの戦闘シーンが放送されており、

マキマは「これこそがレゼの狙い」と判断します。

デンジが日本に居ることわ各国に知られた以上、デンジという特異な存在を狙って他国から刺客が放たれてしまう。

これを受けて旅行は延期となるのでした。

デンジくんのデートはなかなかまともな戦果を出すことが出来ませんね…

レゼがいない現在、今度マキマとのデートを成立する日は来るのでしょうか。



スポンサードリンク

デンジとパワーを部屋に残して出てきたマキマとアキ。

マキマは「来年には銃の悪魔との戦いが始まる」と告げます。

それを受けてアキは天使の悪魔との会話を思い出します。

天使の悪魔はアキに「悪魔は死ぬたびに地獄と現世を行き来している。

現世で死ねば地獄へ、地獄で死ねば現世へ。

しかし、地獄を覚えている悪魔は居ない。

けれど、地獄で死ぬ際、デンジのチェンソーがエンジンを吹かすような音を、どの悪魔も聞いていた」と。

あらゆる悪魔の中でもデンジのチェンソーが特異な存在ということは間違いなさそうですね。

各国の刺客だけでなく悪魔からも狙われる存在となってきましたが…

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました