スポンサードリンク

【ネタバレ注意】388話「思案」感想【HUNTER×HUNTER】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

水見式

クラピカの講習には全員参加する事になり別室での水見式が行われます。

不安がる参加者もいましたが、

スポンサードリンク

仮に「クラピカが危険な計画を実行しようとしているのなら操作系能力で受講者を操る事が予想される」とし、

操作されているかどうかはヒュリコフとバビマイナが

注意深く探る事で見分け対処する事になりました。

そして最初に別室に呼ばれたのはラジオラス。

その間バビマイナは

(「対象者にダメージを与えず精孔を開くにはまだまだ練度不足。可能なのは操作系能力で半強制的に開く方法。だがそれならばクラピカのオーラが混じる」)、

ヒュリコフ(「サンプルが複数いるからな。クラピカのオーラによって操作されているならオレには絶対わかる」)と思案。

そうしている内に別室に行っていたラジオラスが戻ってきました。

ヒュリコフは(「明らかにオーラの流出量が増えている。念を習得しコントロールする段階に入った者の状態だな」)と判断します。

他の受講者がラジオラスに別室で何が行われたか尋ねますが、

クラピカは「講習が終わるまでは箝口令を敷く」と宣言。

にしても継承戦のどの場面にもベンジャミンの私設兵は絡んできますね。

それだけ優秀な人材を豊富に抱え、有効に活用できているということなのでしょうが。

そして次に別室に案内されたのはマオール。

マオールが部屋に入るとそこには水見式で使うコップがありました。

コップの中には水と植物の種子が入っています。

これからクラピカがやるのは外法、「念による攻撃で強制的に相手を覚醒させる」というもの。

警戒するマオールにクラピカは「便宜上攻撃という言葉を使っているだけで治す能力や貸す能力も攻撃に含まれる」と説明。

 

ビルが水見式を行うと水が溢れ種子が発芽します。

ビルの能力

「ビルは強化系の能力者であり、発によって対象物の成長を促す事が出来る」と解説するクラピカ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました