スポンサードリンク

【ネタバレ注意】379話→380話「日向vs影山、試合開始!佐久早、牛島、星海、木兎、昼神!結婚?田中&潔子さん」感想【ハイキュー!!今週のジャンプ/OP/ツッキー】#鬼滅本誌

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はハイキューについて。

スポンサードリンク

さあいよいよ試合開始、というところで烏野高校の武田先生と烏養コーチが現在の烏野バレーボールチームを連れて試合を見に来ます。

かつての恩師たちが試合を観にくるというのも熱い展開ですね。

日向たちが成長し、活躍の舞台を広げていることが感じられます。

そうして外が騒がしくなる中、トイレで睨み合う日向と影山。

互いに過去のことを引き合いに出しながら、成長したことを確認し合います。

さてそんな中話題は腕相撲に。

そんなふたりの間のもとに宮侑や木兎光太郎、牛島若利、星海が次々と顔を出してきます。

高校時代のトッププレイヤー揃いと、そうそうたる顔ぶれです。

ここに肩を並べることができるようになった日向にも驚きですね。

しかし一癖も二癖もあるキャラばかりで「ボケ」が渋滞し始め、

ここで宮侑は「アランの的確なツッコミ」に救われてきたことを改めて実感。

今度は”自分が頑張る”ことを心に誓うのでした。

一方で現在立花Red falconsのOHとして活躍するアランは「自分のツッコミを生かし切れる選手がいない」とボケのありがたみを実感しているのでした。

稲荷崎のメンツも高校時代の絡みをもっと見てみたかったところですね。

試合は長かったですが、日常的な絡みの場面も欲しかったところ。個人的には角名くんが好きでした。

そんな時、

MSBYブラックジャッカルのOHである佐久早聖臣が、「インフルの予防接種をしたのか」と突入してきます。

侑は「渋滞」だと止めますが、佐久早は

黒鷲期全日本男女選抜バレーボール大会での牛島との因縁を語りつつ、「今日は負けない」と話します。

さて一方会場には、現在鉄道会社に勤務している木下久志や、現在不動産会社に勤務している成田一仁の姿が見えます。

彼らは田中龍之介を探していましたが、

彼よりも先に烏野バレー部のOBであり後輩の時田・庄子・八乙女と会うことに。

そうして田中を探していると、

逆に田中&一緒に居た潔子さんに声をかけられます。



スポンサードリンク

潔子さんは名字が田中に変わっており、(!?)

田中はスポーツインストラクターを、潔子さんはスポーツショップの店員をやっていのでした。

おいおいおい…田中ヒューヒューやんけ!

高校時代は突出した能力がなく、メンタルが自分の唯一の武器とも話していましたが、

そんな田中の姿を潔子さんは見守り続けていた様子。

多くの選手から憧れられ続けていた潔子さんでしたが、彼女を射止めたのは田中でした。

さてそんな2年生たちを大地たちが発見。

縁下力は現在理学療法士をしており、「今日は仕事だからネットで見る」と話しています。

そうして無事合流を果たした時、照明が暗くなり選手の紹介が始まります。

最初に現れたのはシュヴァイデンアドラーズキャプテンの昼神福朗でした。

その弟であり日向たちとも戦ったことのある昼神は現在獣医学部の5年生であり実習生。

リアルタイムで見ることはできないものの、光来や日向、兄である福朗が出る試合の時間が少し気になった彼。

にしても彼のお兄さんはキャプテン格でしたか…

本当に優秀な兄弟ですね。

再び場面は選手紹介へ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました