スポンサードリンク

【ネタバレ注意】375話→376話「エイトール&ニーナの結婚に向けて、YouTuberとなった孤爪研磨とスポンサー契約した日向」感想【ハイキュー!!今週のジャンプ本誌】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はハイキューについて。

勝ち進む日向

スポンサードリンク

さて及川さんとのタッグという経験を経て、また一つ成長した日向。

時間軸は現在に戻り、今週はソルカードカップにてエイトール&日向ペアが勝ち進む様子からスタートです。

前回まで異国で戦う上でついて回る苦悩が描かれていたからこそ、それを克服し順調に結果を残す日向が輝いて見えますね。

日本国内、日向が他の選手と比べて数字上平均値を上回っていると言えるのは跳躍力のみ、

海外ではその長所すらも埋もれてしまいかねないという状況下に自ら身を置くというのは想像を絶する覚悟と言えるでしょう。

さて日向エイトールペアは順調に勝ち進み、ついに次の競技会に出られるまであと一勝というところまでやってきました。

ここでエイトールはこれまでずっと気にしていた「日向のパンツについている企業」についてたずねます。

日向のスポンサーについてくれている企業はなんと孤爪研磨が経営する会社のものでした。

色々兼業している孤爪

古舘春一,漫画「ハイキュー!!」より引用

大学生&株式トレーダー&プロゲーマー&YouTuber&株式会社バウンシング・ボール代表取締役である孤爪が「つまらなくなったらやめる」という条件付きでスポンサーになっていたのです。

孤爪は元々得意分野であったゲームを中心に、ネットの世界で活躍しているようですね。

とはいえ彼に関しては内向的な印象があったので、ここまで色々な分野に手を伸ばしているのは驚き。

バレーボールでの経験を通じて、彼も変わっていったのでしょうか。

プロポーズ

さて話は戻り、エイトールと日向の会話。

なんとエイトールは「次の試合に勝ったら彼女のニーナにプロポーズする」と宣言。

士気を高める狙いもあっての発言でしたが、これを受けて日向もエイトールのためにと頑張る決意を固めます。

一昔前の映画なら「この戦いが終わったらプロポーズするんだ」は完全に死亡フラグでしたが、

エイトールがビーチバレーで死なないことを祈ります。

いやどんなプレイするつもりだよ



スポンサードリンク

さてエイトールは「前祝いだ、飲みに行こう」と日向を誘うものの、

日向は「トレーニングがある」と断ります。

「そんなにきっちりやって、(精神的に)疲れないのか」と尋ねるエイトール、

しかしピンときていない日向の様子を見たエイトールは

「日向にとってのバレーは生活の一部であって、そのためにやることは努力ではない」

と再認識させられます。

他人から見た努力がもはや生活の一部になっているとは、無敵ですね日向くんは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました