スポンサードリンク

【ネタバレ注意】242話→243話「内通者についてとクリスマスパーティ」感想【ヒロアカ】

スポンサードリンク

皆さんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はヒロアカについて。

スポンサードリンク

今回は雄英高校の先生たちが会議をしている場面から始まります。

議題は突然のインターンシップ再開に関して。

校長いわく「公共の安全機関から『全てのヒーロー科の生徒に実践のトレーニングを積んでほしい』という要請があった」とのこと。

 このたびのヴィラン連合の件を受けて安全機関側としては危機感を募らせており、

今後更なる危機的事態に陥った時のことを想定して

より多くの即戦力として動くことができるヒーローが求められている、

ということでしょう。

敵側の勢力が大きく拡大した今、ヒーローの質と量、どちらも十分に確保しておく事は最低条件と言えそうです。

こうした背景を受け校長はトップヒーロー達に連絡を取り始めることに。

さて今回の会議から数日が経過し、校長は塚内警部とオールマイトの3人でテレビ会議をしていました。

この会議での議題は「内通者」。

以前も話題に上がった内通者の存在ですが、これからインターンシップを始めていくとなるとやはり看過できないと考えているようです。

オールマイトは「生徒たちは本当のヒーローの心を持っている」と信じている様子。

現時点で敵側に目立った動きが無い以上、監視の目を光らせる以外に出来ることも余り無いでしょうが…

さて場面は変わり、1年A組の寮ではクリスマスパーティーが開かれていました。

サンタコスチュームに着替えている生徒たち(※爆轟は例外)

クリスマスパーティーでもやはり話題の中心は「どこにインターンシップにいくか」。

ナイトアイ事務所は忙しく、またベストジーニストが失踪していることから、緑谷と爆轟はまだどこにいくかを決めかねていました。

さてインターンシップの話をしてやや沈んだ空気になった中、峰田が「今日は聖なる夜だぞ!いつまで学校の話をしてるんだ!」と憤怒。

いいぞ峰田!エロ展開に持ち込め!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました