スポンサードリンク

【ネタバレ注意】193話→194話「しのぶさんと珠世…老化?炭治郎vs無惨様」感想【#鬼滅の刃/富岡さん/新入隊士/コラ/#鬼滅本誌】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は鬼滅の刃について。

スポンサードリンク

前回の続き、復活した炭治郎と無惨の果し合いが行われましたね。

生死の境から彷徨っていた炭治郎が、より強くなって復活していることを察した無惨様。

某ドラゴンボールのような設定ですが、実際に死に直面した人間は死なないようにさまざまな感覚や力が働くようで…

漫画の世界ではよく聞きますが、現実世界でも同様に生死の境から復活して能力に目覚める、ということはあるんでしょうかね。

それでもかつて無惨をギリギリまで追い詰めた縁壱と比べれば力不足であることは否めないでしょう。

さらに厳しいのが残り時間。

夜明けまでには1時間かかるというこの絶望的な状況下で、

1分1秒でも長く無惨と打ち合わなければなりません。

他の漫画であればもうすこし時間が早く過ぎている気もしますが、鬼滅のこの展開に関しては時間の流れが非常に遅くシビアですね。

残り1時間、炭治郎は粘ることができるのか。

必死に刃をふるう炭治郎ですが、

ここまで戦い抜いているとはいえ百戦錬磨の縁壱や無惨と比べると、

その力は明確に落ちるという印象を抱きます。

炭治郎がこれほどの力を手に入れてから時間が間もない、というのも無惨に追い風ですね。

夜明けまでの時間の長さといい、普通に考えれば無惨が勝ち逃げできるほどの戦力差ではありました。



スポンサードリンク

…が、それはあくまで相手が炭治郎1人の場合。

無惨を一気に弱体化させるほどの効力をもつ、珠代が仕掛けておいた薬が万能すぎて…

BLEACHでいうところのマユリみたいなことしてますよねこの人。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました