スポンサードリンク

【ネタバレ注意】192話→193話「ランク戦最終盤!vs二宮隊&弓場」感想【ワートリ/ワールドトリガー】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワートリについて。

ストーリー

スポンサードリンク

さあいよいよランク戦も最終盤。

玉狛第二は遠征まで残り2ポイント、というところまで追い上げてきました。

現時点でフィールドに残っているのはヒュースの欠けた玉狛を除けば

二宮、辻、犬飼、弓場、という面々。

戦力的には二宮隊がずば抜けているものの、チカ子というジョーカーを抱えた玉狛第二もカードの切り方によっては自力勝利の芽は十分にあります。

ヒュースからの声かけ、という成長フラグの存在もあり、

あとはチカ子がどのような働きをするかが鍵、と言えるでしょう。



スポンサードリンク

さてここまで見ると不利なのはやはり弓場隊。

残るメンバーは弓場のみ、しかも二宮隊全員を相手取る位置にいるためどんな行動を取るにしても劣勢を強いられます。

ワールドトリガーという漫画は漫画的なお約束をある程度無視し、かなりリアリティに寄せた展開を繰り広げるので

(本当に多人数戦闘が上手い作者さんだと思います)、

ここから弓場が二宮隊や玉狛相手に一泡吹かせるとなると、

自力得点を狙って前のめりになっている玉狛を二宮隊にぶつけて、その中で弓場が得点をもぎ取る、

という一択のみでしょう。

とはいえそんなことは二宮隊には看破されているはずで、弓場がその流れに持ち込もうと粘るものなあと一歩で潰される、

しかし弓場が作った隙が玉狛に二宮隊攻撃のチャンスを与える、という流れが

一番自然かなぁ、という印象。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました