スポンサードリンク

【ネタバレ注意】184話→185話「ランク戦最終戦直前、生駒隊・二宮隊・弓場隊」感想【ワールドトリガー】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワートリについて。

スポンサードリンク

「ボーダーの皆さんこんばんは!海老名隊オペレーター武富です!」

ハキハキとした挨拶から始まったB級ランク戦夜の部。

ついに今期の最終戦となりました。

解説には玉狛第一の小南と、王子隊の王子と蔵内が選出。

特に王子隊は昼の部での戦いを終えたばかりでの解説となります。

ここで昼の部の話について。

葦原大介,漫画「ワールドトリガー」より引用

昼の部での戦いでは王子隊と影浦隊、東隊の3チームが競いましたが東隊が4点、その他2チームが3点ずつという結果となっています。

東隊は奥寺と小荒井が新たに手に入れた弾トリガーで他隊の不意をつき、形勢を優位に持っていったことが説明されています。

東隊からすればこうして精神的動揺を与えることも作戦の一つなのかもしれません。

さて話は順位争いに戻り、影浦隊の日中の結果を受けて、玉狛第二が遠征に選ばれるためにはこの最終戦で4点が必要となりました。

このことについて話を振られると小南は「4点くらいなら楽勝ね」「前の試合も6点取って勝ってるし」と返します。

なんだなんだ?デレ期か?

しかし王子は楽観視していない様子。

なにせ前の試合ではヒュースの実力がまともに知られていない状態で行われたため、

今回は対策をされる可能性が高い、とのこと。


スポンサードリンク


更に二宮は今期東の次に生存点を多く取っているようで、

二宮さんを今期ベイルアウトさせたのは生駒と影浦のみ。

生駒さんさすが!伊達にナスカレー食ってないぜ!

…と、生駒隊も最終戦に絡んでる上に玉狛第二に次いでランク戦4位でここまで来ているのですが全く話題に上がりませんね…

生駒隊に光を…

更に解説の王子隊曰く「弓場隊が上位に残れるかどうか」もこの試合の見どころの一つということです。

二宮隊、弓場隊、そして玉狛第二という三勢力がそれぞれの想いを胸にこの最終戦でぶつかり合うわけですね。

生駒隊は…?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました