スポンサードリンク

【ネタバレ注意】182話→183話「弓場隊&二宮隊対策&覚悟のチカ子」感想【ワールドトリガー】

スポンサードリンク

葦原大介,漫画「ワールドトリガー」より引用

次の試合からは普通の弾も撃つ。

前回の対戦後から苦悩し続けていたチカ子にとって、これは並々ならない決意でしょう。

スポンサードリンク

もちろんチカ子が普通の弾も撃つことができれば凄まじい火力の底上げとなりますが、

「本当にできるのか?」とメンタル面を心配するオッサム。

それに対し「自分の中の撃てない理由がわかったから」と答えるチカ子。

クーガーも「いいじゃん、やってみたら」と支持。

作戦は一転、「チカ子が撃って他のメンバーが守る」というものに。

しかしそれでも「ヒュースとチカ子が合流できない可能性」を懸念する一同。

うまくいかなかった場合の別案が必要という問題にぶち当たりますが、

何やら考えが浮かんだオッサム。

烏丸さんに手を貸してもらうことにします。

この辺りはしたたかなオッサム、「地味」というキャラの割に

迅をチームに引き入れようとしたり先輩かつ近寄りがたい雰囲気の二宮に食い下がるなど自分が出来ることは何でもします。

さて、気になる別案の内容は…?

というところで今回はここまで。

次回に続く。

生駒隊対策は?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました