スポンサードリンク

【ネタバレ注意】182話→183話「弓場隊&二宮隊対策&覚悟のチカ子」感想【ワールドトリガー】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はワートリについて。

弓場対策

スポンサードリンク

先月の続き、クーガー&緑川がオッサム&迅と合流するところから物語は始まります。

迅と戦いたがる緑川ですが、既に太刀川達とソロ戦をこなした迅は対戦を拒みます。

しかし「緑川に借りがある」と頼み込むクーガーの顔を立て、対戦をすることに決めた迅。

この辺りはさすが実力派エリートといったところでしょうか。

さて場面は変わり玉狛第二の面々で集まり戦略を練ることに。まずは弓場隊についての情報共有を図ります。

そこでまずテーマに上がったのは弓場。

ほかのガンナーとは比べて「射程」と「弾数」に費やすトリオンを切り詰める代わりに、「威力」と「弾速」にトリオンをつぎ込むスタイルであると分析、

離れた距離からじわじわと追い詰めるこれまで登場したガンナーとは戦法が大きく異なるようです。

「よーいドンなら最強」という評判通り、短期決戦においては無類の強さを誇るのでしょう。

具体的な防御策としては分厚い壁で攻撃を遮ってしまうか、オッサムのワイヤーを使い機動力を削ぐか、ヒュースのエスクードで防いでしまうか。

弓場と距離を取って戦いつつ、弓場の射程を超える長距離攻撃で仕留める、というのが基本戦術となるようです。

「弓場隊のもう一人」、帯島も話題に。

動きが軽く守りがうまい、弓場のサポート役と判断されます。

クーガー曰く「出来ればひとりになっている時に落としたい相手」。

サポートキャラに対しての代表的な攻略法ですね。

二宮対策

続いては二宮さんの話題に。

1対1では最強、故に誰も二宮相手にタイマンを張ろうとしない。

ヒュースなら落とせるか、と聞かれるも

「二宮相手に1度でも受けに回れば俺でもそのまま落とされてしまうだろう」と返すヒュース。

ヒュースの個の強さが前の戦いでアピールされた後だけに二宮さんの強さが際立ちます。

二宮の1対1での強さを鑑みてまともな殴り合いではなく、

「チカ子を守りながらヒュースが撃つ」という作戦が有効と判断する一同。

しかし「それだけでは…」と不安がるオッサムですが、ここでチカ子から衝撃発言。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました