スポンサードリンク

【ネタバレ注意】125話→126話「宝島の最終決戦へ向けて」感想【ドクターストーン】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はドクターストーンについて。

スポンサードリンク

いよいよ宝島の最終決戦。

そのためには囮として使用するためのフード、ドローン、銃、ワイヤーを準備する必要があります。

フードは杠が裁縫で作成、相変わらず器用な作業はお手の物ですね。

一方アマリリスは、各作業工程でどうしても出てしまう騒音問題をごまかすため村へ。

「駆け落ちします、一番力の強い方と。次の祭りで力強く太鼓を叩けた方と」

と発言、この言葉を受けて太鼓の叩く音が鳴り響くことに。

アマリリスの影響力の高さをフルに活用したナイスフォローにより、

どうにか銃の練習や様々な作業の際に生じる音を誤魔化すことができました。

そして続いては金狼やマグマなどの力自慢を復活させることに。

石化武器を奪取する際には純粋なパワーの高い者も必要となってきますからね、

この辺りは必要なメンツと言えます。



スポンサードリンク

復活したものの、周囲を見渡して銀狼がいないのを察する金狼。

アマリリスから事情を聴き、コハクの機転により銀狼が石化したことを知ります。

そんな金狼は一番槍を務めることに。

「よし、さっそく綱引き特訓だ」

とマグマたちで綱引きを始めると、あっさりちぎれてしまいます。

そこで石炭を燃やしたカスを綿あめ機のようなもので集め、カーボンワイヤーを創ることに。

と、クロムは回転する駒をみてとある疑問が。

「空中って回ってるのに、なんでこんな安定してんだ?」

千空は「超高速で回転している場合には決してぐらつかない」とジャイロ効果について説明。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました