スポンサードリンク

【ネタバレ注意】124話→125話「銃の発明!復活する陽」感想【ドクターストーン】

※記事内容につきましては、作品に触れた個人の主観に基づく感想・考察になります。
スポンサードリンク

しかし、科学王国側に拳銃を使える者などいないはず…ですがここでとある人物が浮かび上がります。

陽なら使えるかも!?

スポンサードリンク

さっそく陽を復活させると笑みを浮かべ銃を掴む陽。

元々はいい加減な警察官ではあったが、警察官である以上陽なら銃を使えるはず、との目論見です。

しかし元々は陽は敵対していた人間、この辺りもうまくコントロールする必要があります。

まずはゲンが「新世界で初の銃の使用だ、歴史に残る」と承認欲求を満たします。

続いてアマリリスが頬を赤く染めながら「かっこいい」と陽に抱きつきます。

もはやノリノリとなった陽はテーブルの上に3本の空き瓶を並べ、

距離を置いて発砲。

しかし空き瓶にはかすりもしていません。

まさか大した実力ではなかったのか、と思いきや天井から狙撃を受けた蛇が。

毒蛇を狙っていたのか、と感心するメンバー。

龍水もこれなら戦えると自信を持ち、千空も陽を褒めます。

しかし実は内心焦っていたのが陽。

空き瓶を狙っていたはずが、外してしまった弾が偶然蛇に当たっただけ。

しかしあれだけ格好をつけた手前、本当のことを言い出すことができない。

「練習しておこう」と心に決めた陽なのでした。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました