スポンサードリンク

【ネタバレ注意】113話「暴悪」感想【進撃の巨人】

感想
スポンサードリンク

「それよか もっと銃火器の訓練して『エルディア軍』を作らなきゃいけないって親父も言ってた」

「時代は とっくに変わったってのに もう…古いんだよ

スポンサードリンク

シャーディス教官は」

スルマ(という名の訓練兵)

「エルディアに希望があるとしたら イェーガー派が国の実権を握ることだ」

訓練兵「な…!スルマ…聞こえるぞ」

スルマ

「でもみんな そう思っているだろ?」

「みんなエレン・イェーガーにエルディアを導いてもらいたいはずだ

非情な決断をも下せるような 強い指導者に」

キースの耳にその声は届いているものの、視線を伏せます。

エレン達の代とは訓練兵の思考もかなり変化していますね。

確かに周囲の国が銃火器を使用することがわかっている中で、

「自分たちは刀で巨人相手に戦う力を磨こう」と言われても中々納得はいかないでしょう。

 

キース「…な!? ハンジ!?」

扉が開けられると、訓練地に立ち入るフロックらイェーガー派が。

ハンジも連行されています。

スポンサードリンク

コメント