【ネタバレ注意】113話「暴悪」感想【進撃の巨人】

感想
スポンサードリンク

ジーク『ッ!!』

背後の物陰に気づき肉片を投げつけますが、命中したその物陰はただの木片。

スポンサードリンク

ジーク『枝…!? …!?』

リヴァイは巨大樹の幹を片っ端から斬り落とし、ダミーを次々と生み出します。

リヴァイ

「必死だな…髭面野郎

お前は大人しく読書する以外なかったのに

何で勘違いしちまったんだ 俺から逃げられるって…」

「部下を巨人にしたからって

俺が仲間を殺せないと思ったのか?」

「俺達がどれだけ仲間を殺してきたか 知らねぇだろうに」

落下する木片に潜み、降下するリヴァイ。

ジーク『ウオォ!!』

リヴァイの放った雷槍が獣の巨人のうなじにヒットします。

ジーク「うぁあぁ」

獣の巨人のうなじの中で 雷槍が起爆、皮膚が爛れた姿でジークがうなじから放り出されます。

リヴァイ

「よぉ髭面 てめぇ…臭ぇし汚ねぇし不細工じゃねぇかクソが」

スポンサードリンク

コメント