スポンサードリンク

【ネタバレ注意】113話「暴悪」感想【進撃の巨人】

感想
スポンサードリンク

そして樹上に移動したリヴァイに向かって巨人の群れが登ってきます。

リヴァイ

スポンサードリンク

『ジークの脊髄液がワインに…!?

いつから仕込まれていやがった…

体が硬直するって予兆は無かった…嘘だったから?』

さらに高い位置まで木を登る巨人たち。

リヴァイ

『クソッ!!速えぇ… 動きが普通じゃねぇ 

これもジークの仕業か!?』

リヴァイ「ッ!!」

さらに巨人が隣の樹に体当たりしてきます。

さらに回避したところを別の巨人がリヴァイの背後から襲ってきますが、

リヴァイは剣を抜き巨人の指を刃で切り裂き対応。

 

そしてその巨人の顔を見てリヴァイは一兵士の顔を思い浮かべます。

リヴァイ「!!バリス…!!」

大きく口を開きリヴァイを食らおうとする元バリス巨人。

そしてリヴァイはバリスのうなじを捉えながらも、切り裂くことを躊躇します。

『まだ… そこに いるのか…?』

『お前ら…』

巨人にされた仲間達に囲まれながら 覚悟を決めるリヴァイ。

進撃の巨人に登場しているキャラクターの中でも特にリヴァイは純粋に「仲間のために」という意識のもと戦ってきましたから、

報われてほしいところ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました