【ネタバレ注意】113話「暴悪」感想【進撃の巨人】

感想
スポンサードリンク

 

巨人化した仲間達に囲まれ、大きく口を開いた巨人がリヴァイへ向かってきます。

立体機動で瞬時に上空へ避けるリヴァイ。

スポンサードリンク

口を開いたまま 巨人は樹に激突します。

 

リヴァイの回想

ワインの持ち込みについて話し合うリヴァイと兵士達。

リヴァイ『ワインだと…? どうして任務中に酒がいる?』

兵士『兵長!これは憲兵の連中しか飲めなかった、マーレ産の希少なやつなんですよ!』

『調査兵の若いのががんばって仕入れてくれたのに!

ここに置いていくっていうんですか!?

少しくらい楽しみがないと…』

リヴァイ『紅茶があるだろ』

兵士『兵長おおぉ』

リヴァイ『めんどくせぇな…

いいだろう

持っていけ…』

 


 

リヴァイ「クッ……ソ……!!」

兵士が懇願したとはいえ、

リヴァイ自身が選択した結果このような悲劇を招いたのは中々きついものがありますね。

スポンサードリンク

コメント