スポンサードリンク

【ナオシ&ジュン&コウヘイ】アニメポケモンシンオウリーグを振り返る【シンジ&伝説厨タクト&ダークライ】

ポケモン
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「タクトのダークライ」について。

スポンサードリンク

ポケットモンスターDPを視聴した事のある方ならこの言葉だけで何かを思い出すはず。

はい、ではタクトくんの話に行く前にシンオウリーグについてお話しましょう。

シンオウリーグスズラン大会

そもそもポケットモンスターDPのサトシくんをはじめとするシンオウリーグのトレーナー達は歴代シリーズでもかなりレベルの高いものでした。

タイプ相性を考慮することはもちろん、それぞれの特性を生かしバトルの流れを作ったり、またアニメならではの戦術を効果的に披露するなど、

戦略的な面がかなり強調されたシリーズだと思います。

これは、時にはタイプ相性すら無視してバトルを行うことがあるアニメポケットモンスターシリーズにとって異例のことでしょう。

また数年間にわたるライバルであるシンジとサトシの度重なる衝突や、そこから互いの長所を認めるといった成長もあり、

キャラクターとしての魅力が特に描かれたシリーズでもあります。

そうした山あり谷ありを経て行われるシンオウリーグはまさしくシリーズ最後の山場となったわけです。

1回戦:サトシ vs ナオシ

【ナオシの使用する戦術:草タイプと虫タイプのポケモンによる「音楽」を利用した攻撃】

1回戦でのサトシの対戦相手はナオシ。

「ポケモンバトル」と「ポケモンコンテスト」の二足の草鞋を履くという珍しいトレーナーです。

「バトルとコンテスト、どちらかに絞らなければならないのか」という葛藤する場面があったり、

あるいは「本気で挑戦するなら道を一本に絞った方が良い」と考えるキャラに軽蔑されてしまう事もありました。

しかしグランドフェスティバルではベスト4、シンオウリーグでは本戦出場するなど結果を残し、周囲からも高い評価を得ました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました