スポンサードリンク

【ゲーム禁止?】「ゲーム依存症対策条例」についてまとめ【香川県のゲーム規制条例案】国内中高生93万人がゲーム依存

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は「ゲーム依存症対策条例」について。

ゲーム依存症対策条例

スポンサードリンク

ゲーム依存症対策条例とは、香川県議会が、 18歳以下の子供がゲーム依存症にならないよう、ゲームの利用時間に制限を盛り込んだ条例のことです。

具体的にはゲームの利用などについて、高校生以下の子どもを対象に1日あたり平日は60分、休日は90分に制限し、

また小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、高校生は夜10時以降制限するという内容とみられています。

現時点では罰則規定はないものの、県は子どもたちに条例を守らせることを、保護者や学校の責務として明記し理解を求める方針です。

またゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例は、成立すると全国初のゲーム依存症に特化した条例となる見込みです。

この条例に関しては全国的に反響が大きく、

ネット上では様々な賛否の意見が見られたほか、大阪市の松井一郎市長は1月15日、市役所で開かれた会議で、

不登校の要因の一つがスマホやゲーム依存であるとの実態が紹介されたことを受けて、「夜は何時までとか、条例でルール化したらどうか」との考えを示しました。

一方で「ゲームの時間を制限することがどの程度効果として現れるのか」など、

条例について疑問を唱える方も見られます。



スポンサードリンク

ネット上の反応

今回の条例について、ネット上ではその意義について批判的なコメントが多く寄せられています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました