スポンサードリンク

【エラー?】ランニングホームランとは【ホームランとの違い】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は野球について。

ランニングホームランとは

スポンサードリンク

そもそもランニングホームランとは野球において、打球がフェンスを越えずに打者がホームまで帰ってくることを意味します。

ただし通常のホームランと比べてランニングホームランが生まれる条件は厳しく、

①ライナー性の当たりでは滞空時間が短く走塁の時間が稼げない

②打者の足が遅い場合、本塁までアウトにならずに走塁すること自体が難しく、また足の速い選手でも打った直後から全力疾走している必要がある

③野手のクッション処理や返球が上手いとそれだけ時間が縮められてしまうため本塁に帰る時間が稼げない

④一方で野手のエラーが絡んだ場合、本塁に帰ることが出来てもエラー(または安打+エラー)として記録されてしまう

などなど、ランニングホームランは滅多に拝めるものではありません。

希少性の高いホームラン

日本のプロ野球の歴史上、最もランニングホームランを打った選手でもキャリアを通じてその本数は計5本と少なく、

狙って打てるものではないその難しさがうかがえます。

一方でアメリカのメジャーリーグのジェシー・バーケットという選手は、

生涯ホームラン数75本のうち55本がランニングホームランという凄まじい記録を残しています。



スポンサードリンク

記憶に残る

さてランニングホームランはやはり珍しい分、人々の記憶に残りやすいもの。

最後にランニングホームランに関するTwitter上の反応を見ながらお別れしたいと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました