スポンサードリンク

【もはや死語?】「プレミアムフライデー」とは【導入率】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はプレミアムフライデーについて。

プレミアムフライデーとは

スポンサードリンク

プレミアムフライデーとは、2017年2月24日から行われている、毎月末金曜日に「普段よりも豊かな生活」を推奨する個人消費喚起キャンペーンのことです。

日本国政府及び経済団体連合会を中心とした取り組みであり、

給与支給日直後に該当しやすい月末金曜日の夕方を買い物や旅行に充てることを推奨しています。

これは午後3時で仕事を終えることを推奨する働き方改革と連動している部分でもあります。

また民間企業はイベントやセールなどのキャンペーンを実施しており、

来店者の増加は約7割、売上増加は約5割と消費の拡大に貢献しています。

課題

一方で運輸業や金融業などをはじめとした業種や中小企業などは午後3時で仕事を終わらせることができないケースが多く、

また月末は企業の月次決算作業などとタイミングが重なるため早い時間に退社することが難しいなど、課題も残されています。

上記をはじめとした理由からその導入率は全体の1割程度に留まっており、「プレミアムフライデー」が定着しているとは言い難い状況にあります。

「プレミアムフライデーはもはや死語」という意見も多く聞かれる中でその存在意義が問われています。



スポンサードリンク

Twitter上での意見

このプレミアムフライデーに関して多くの意見があがっています。

その一部を見てみましょう。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました