【めまい、吐き気】首こりについて【自律神経&症状の解消】

医療・健康知識

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は首こりについて。

首こり

スポンサードリンク

頭痛や肩こり、眼精疲労など、様々な体調不良の原因は首にあるかもしれません。

普段はあまり意識をすることがない首ですが、日常生活で想像以上に負担をかけているため、

これを放置した結果深刻な不調を招いてしまう、という恐れもあるほど。

首には自律神経が集中しているため、「首がこっている状態」が続くと身体の各部に不調をきたす、というわけです。

では首に負担をかける原因は一体なんなのでしょう。

首こりの原因は首の姿勢の悪さが第一に挙げられます。

5キロは有る頭部を支え続けるため、首は常に緊張状態を強いられています。

特に「うつむく」姿勢では通常時の3倍もの負荷がかかるため、そうした姿勢が多い方は負荷の軽減を図る必要がある、ということになります。

また「冷え」によっても首の負担は増します。

こうした疲労やこりは自覚しにくく、肩や腰の痛みを自覚した頃には首が既にこっている、と考えても良いでしょう。

不調

さて首が凝ることにより生じる不調について見ていきましょう。

一つ目は副交感神経が阻害されることによる精神面への影響。

首の筋肉がこることで副交感神経が圧迫され、

頭痛やめまい、うつ状態に陥るリスクを上げることも。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました