スポンサードリンク

【なぜ正月に】お雑煮の由来と意味について【祝い箸】

季節・行事
スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

お雑煮

さてみなさんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか、お正月にお雑煮。

スポンサードリンク

さて、では何故元旦にお雑煮を食べるようになったのでしょうか。

そもそもお雑煮に入っている餅は古くから日本人にとって、お祝い事などで食べる特別な食べ物でした。

そして年始に訪れる年神様に供えた餅や里芋、野菜などをその年の最初に汲んだ水で煮込んだ「煮混ぜ」にし、元旦に食べたのが「お雑煮」の始まりと言われています。

ちなみにお正月の三が日にお雑煮などを食べるときに「祝い箸」(先の細った箸)を使うのは、片側を人が使い、もう片側を神様が使えるように、という考えに基づいたものです。

それでは今回はこの辺りで記事を締めます。

また次回お会いしましょう、さようなら。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました