【いつから?】梅雨の定義と各地方ごとの梅雨入り・梅雨明け時期

季節・行事

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回は梅雨入りについて。

梅雨入りとは

スポンサードリンク

はい、毎年恒例梅雨の時期がやってきました。

この時期は気象ニュースでも「梅雨入り」という言葉を耳にする機会も多いのではないでしょうか。

しかしそもそも何をもって「梅雨入り」と判断され、「梅雨入り」したかはいつわかるのでしょう?

早速みていきましょう。

そもそも梅雨とは

春から夏にかけて太平洋高気圧が活性化したことで大陸の高気圧が北に押され、

日本南岸から中国長江流域に梅雨前線が停滞し、雨天または曇天と日が多くなります。

この期間を「梅雨」と呼ぶわけですね。

※北海道と小笠原諸島ではこの気象現象が生じず、梅雨はないとされています。

また日本の各地方ごとの「梅雨入り」「梅雨明け」の時期も大まかに判明しています。

各地方ごとの梅雨入り・梅雨明けの平均値

「梅雨入り」はいつわかる?

さて、では「梅雨入り」したかどうかはいつわかるのでしょうか。

例えば「6月7日に梅雨入りしたとみられます」という発表が6月中にあったとします。

では6月7日が梅雨入りした日で決まりなのでしょうか?

実は一概にそうとは言えません

この発表はあくまで暫定的なもの。

本当の「梅雨入り」は夏が終わり、9月に入ってから「やはりあの日が梅雨入りだった」と訂正され確定されるのです。

もはや「梅雨」と全く関係ない時期に今年の梅雨入りがいつだったかが決まるわけですね。

もちろん「6月7日が梅雨入りって発表してたけれど実は全然違う日だった」と訂正される可能性もあります。

なぜこうも梅雨入りした日、もしくは梅雨明けした日の確定に時間がかかるのでしょうか?

梅雨入りや梅雨明けの判断は非常に難しく、過去に「梅雨入りした」と発表したにも関わらずその宣言が外れてしまったこともあります。

それにより多くのクレームを受けたこともあり、

現在は「〜とみられます」「〜と思われます」というような確定を避けた表現で発表が行われているのです。

ちなみになぜ「梅雨入り」の判断が難しいのか、というと梅雨前線がどの辺りに影響を及ぼすか、の予測が困難というのが大きな要因。

  • ① 梅雨前線は通常の雨雲の10分の1程度しか南北の幅が無いため非常に細く、どこに前線がかかるかの判定がシビア
  • ② 2つの高気圧が梅雨前線を押し合っているため南北に移動することになってしまう

この辺りの理由が重なり、「梅雨入り」「梅雨明け」の判断が難しくなっているのです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました