スポンサードリンク

【いくら?】批判殺到!インターネット税とは?【5Gについて】

スポンサードリンク

みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。

今回はインターネット税について。

インターネット税とは?

スポンサードリンク

第5世代(5G)移動通信システムにおける基盤である「光ファイバー回線」の利用環境を、

全国的に維持することを目的とした負担金制度のこと。

総務省が2020年代半ば頃から導入を検討していることが、2020年1月に明かされました。

具体的な内容としては、ネットユーザーからインターネット税を徴収することで、

不採算地域に光回線を持つ事業者に対して交付金を出し、回線の補修や更新に充てることができるというもの。

ただしこの交付金に関しては光回線に接続する携帯電話事業者が負担し、利用者の月額料金に上乗せする形で徴収されるため、

「利用者の負担が増える」との批判の声が上がっています。

そもそも5Gとは?

5Gとは5GNRとLTEとを連携してネットワークを形成した第5世代移動通信システムと呼ばれるもの。

幅広い周波数帯に対応するのが特徴であり、

現在主流であるLTE(4G)と比較すると約10倍もの速度で伝送が可能となります。

2時間ほどの映画をわずか3秒で読み込むことが出来たり、ロボットのリアルタイム遠隔操作が可能になったりとその恩恵は非常に大きいとされています。

ネット上の反応

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました