【菩提樹】仏教についてpart2【大乗仏教/上座部仏教】

世界史
スポンサードリンク
みなさんこんにちはこんばんは雨崎です。
今回は世界史をめぐる25回。
仏教についての続きとなります。

IMG_3064

  • 多様化する仏教

アメリカやヨーロッパにも仏教の宗教観を支持する人は少なくありません。

なお発祥の地がインドであるにも関わらず、現在のインドではヒンドゥー教徒が多くを占め、仏教を信仰する人は少ない状況です。
仏教徒どこ行ったんや……
仏教は歴史の流れの中で極めて多様化。大きく分けて上座部仏教(修行を積むことを通してのみ悟りに至ることができる)と大乗仏教(誰でも悟りを開くことができるという教え)、
さらに密教(信者だけが非公開な教団内で修行を行う)へと繋がる流れがありますが、そこからさらに細分化されており、宗派も多く全体像が掴みにくい状態となっています。
私も「〜仏教」とか乗っかってもバレなそうな勢いです。

スポンサードリンク

コメント